おうちではじめてのパン作り~道具編~

コラムの執筆依頼がありどんな内容にするか考えて
「おうちではじめてのパン作り」をテーマにしてみることにした

自宅でのパン作りは要領さえ得れば気軽にできるけど
最初は気合い入れないと取りかかれない


そんなわけで何回かにわけておうちで気軽にパン作りをできるコツなどを

ご案内します
まずは~道具編~


 

下記は執筆原稿です




おうちで手作りパンが焼けたらいいのにな
こねてたたいて発酵させて形を作って焼きあげる
この基本形+α(コツ)をしっかり覚えれば美味しい手作りパンのある暮らしができます
パンの焼きあがる香りが部屋中に広がるとそこには笑顔がいっぱい

 


安心・安全・美味しい手作りパンをおうちで作るためには

 

パン作りに必要は道具は何?

どのくら水分をいれればいいのかな?
どのくらい生地をこねればいいのかな?
どのくらい生地を発酵させればいいのな?
形つくり(成形)はどうやればいいのかな?
こんがり焼き色(焼き上げる時間)はつくのかな?

それぞれのポイントを覚えれば美味しい手作りパンが食卓に・・・

まずは~道具編~から

 

必ずご用意いただきたいもの

デジタルスケール 

 1g計単位で2kgまで計量出来ると便利です(23000円くらい)

 計量カップやスプーンですと目分量(感覚)になります
イーストや塩はわずか1gの違いで発酵や味が大きく変わりますので

正確な計量がとても大切です

 

 

温度計

 料理用のデジタル温度計(2000円くらい)または棒状温度計(園芸用なら800円くらい)

 部屋の気温、仕込み水の温度,こねあがった生地の温度を計測してみましょう

 冬の寒い部屋で水道水を使った場合と真夏の暑い部屋で水道水を使った場合

 水分量は同じでも生地の出来上がりは全く違う物になります
 季節により温度を変えて水分量を調節しながらパンに適した硬さの生地を作ります

 

 

ボール (24cmくらい)

生地をこねてまとめて発酵させるために使います

カート(スケッパー)

生地を傷めることなくまとめたり分割するのに使用します(ない場合ば包丁で代用)
樹脂製とステンレス製がありますがはじめは樹脂製が良いと思います
300
円くらい(又100円ショップにもあります)


・作業台(テーブルでも可能)

生地を形作ったり休ませたり作業をするのに少し重さのあるものが便利です
もちろんテーブルで行っても大丈夫です

これだけ全部揃えるのは大変なのでデジタルスケールと温度計とボールを用意してまずは気軽にスタートしましよう

 

それではまた


明後日12日 白井市総合公園にて開催のときめきマルシェにケータリングカーで出店します
ベーグル・塩バターロール・スイートポテト・
ホットサンドを販売します


13日日曜日千葉県立北総花の丘公園に出店
 上記と同様で販売予定です(少し変わることもあります)

よろしくお願いします

スポンサーサイト


WEBサイト http://www.chiesa.jp/

パン教室 こちら
  →団体・企業様への出張体験教室を承ります。電話またはメールにてお問い合わせください。
  ☎047-446-9279 ✉contact☆chiesa.jp(☆を@に変えてください。)
イベント情報 こちら
ハンドメイドマーケット chiesa-bread@minne

  チーサでは、卸し販売をしています。
  カフェやレストラン、産婦人科、販売店など様々なところへ製造・卸をしています。
  お気軽にご相談ください。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する